UCLA

本論文は、18世紀の国学者本居宣長(1730-1801)の言語の概念を再考し、近世国学と日本史におけるその役割を理解する方法を改革することを目的としている。 これまでの研究では、国学は言語的に構成された共産主義運動であり、日本の国家アイデンティティの道を開いたと解釈されてきました。 しかし、私の分析は、最もよく知られている国学思想家である宣長が、アイデンティティの政治を結びつけるよりも、言語から基本的な存在論を引き出すことに興味を持っていたことを示しています。文法的なコード、韻律、音とそれに付随する感覚は、対人コミュニケーションのためのツールとしてではなく、宇宙のファブリック内の目に見える、または聞こえる糸として取られていました。 このように、宣長の作品は、17世紀の真言僧慶一郎(1640年-1701年)や密教の言語理論から暗黙のうちに借りた枠組みである宇宙の中に存在論的に根拠があるとの言語の肯定的な理解によって受けられた。 宣長と慶一郎は、古文書の文献学的調査を通じて、(神聖で宇宙的な)真実を曇らせた不敬な塵は、宝石で飾られた箒のように一掃される可能性があると信

論文は四つの章に分かれている。 第一章では、国学の研究と宣長の中心的役割について歴史学的に見ていく。 また、論文の残りの三つの章は、少なくとも宣長の時代までは、伝統的に考えられていた文献学の一形態として考慮されるべきであるという論文を立証しようとする論文を定めている。 それは、言い換えれば、古代のテキストの言語から宇宙論的真実を明らかにしようとした試みでした。 第二章では、宣長の国学の系譜を、宣長の思想を経て慶一郎にまでさかのぼる。 この章では、慶一郎の実証的方法論は、彼の密教の訓練と背景の直接の結果であり、実際には密教の教義システムの中にしっかりと根ざしていたこと その後、宣長の文献学と言語の肯定的な評価も、一般の人々が知っている世界における真理の内在性を強調する仏学的枠組みに基づいていると主張する。 第三章と第四章では、宣長の言語の概念と世界におけるその役割を探り、特に彼のテニヲハの研究と彼の多くの有名なものの認識の理論を見ている。 最後の二つの章では、ものの認識とテニヲハが宣長の認識論と存在論の両方の基礎にあり、宇宙を知り、捉えるための手段と、その宇宙自体がどのように存在するかのモデルを提供していることを示している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。