Nfpa780および70による接地および雷保護。

この記事の主な目的は、両方の照明保護計画を作成することです&接地システム計画標準的な参照に関する十分な知識を持つ。

LPS

NFPA780(雷保護)ブリーフ。

A)空気ターミナルの高さ7.6mの最高の間隔の端に沿う0.6m(屋根の端からの0.6mの内で)。 15のm.の最高の間隔の空気ターミナル高さ0.6m。、。

B)クロスラン導体からメイン周囲またはダウン導体に接続せずに許可されているクロスラン導体の最大長45m。.

C)最大間隔を持つ任意の形状構造のための二つのダウン導体最小値は30mです。鉄筋コンクリートのコラムまたは構造スチールのコラムでcoursed操業が最高60のmの縦の間隔の上部および下の先端の補強鋼鉄か構造スチールメンバーに接続されなければならない場合。.

D)裸の輪になる最低のサイズはクラスIIおよび29mmのための58mm.sqです。クラスIのためのsq、25x3mm(か70mmsq)が普通使用されている間。

E)接地棒は、直径12.7mm以上の長さ2.4mであり、最小間隔6mで地面に3m以上垂直に伸びなければならない。.

F)接地リング電極は地球と直接接触し、少なくとも6mの裸の銅導体で35mmsq以下で構成されています。 最低の深さによって等級の下の4.6mは18m以下平均しない間隔で構造の周囲の鋼鉄コラムに接続されます。.

G)ループ接地導体が一般的に使用されているのは120mmです。sq。

H)接地電極導体は、NEC表250.66に記載されています。

I)考慮される球半径は46.0mです。.

J)システムの典型的な計画については、以下の図を参照してください。

屋根の床の照明保護計画(典型的な)

屋根の床の照明保護計画(典型的な))

地上階照明システム計画(標準)

地上階照明システム計画(標準))

アイソメトリック

普通の建物のアイソメトリック(典型的な)

K)接地ケーブルのサイジングのための参照NECを示す次の図。

グランドループ/ロッドに接地する機器。

機器のフィーダサイズに基づいて、グラウンドループ/ロッドに接地する機器。

き線ケーブルと動く装置の基づいていること。

フィーダケーブルで動作する機器の接地。

異なった基づいているコンダクター/電極を示します。

は、異なる接地導体/電極を示しています。

電光保護と装置の基づいていること間の関係。

雷保護と機器の接地との間の接続。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。