Nanoノードの実行方法

Nanoプロトコルは開発者によって絶えず改善されています。 今日では、Nano5/月のサーバー(DigitalOcean)でNanoノードを簡単に実行することができます。 この記事では、5ドル/月のサーバー(DigitalOcean)でNanoノードを実行する方法をお教えしますが、Linuxでこのチュートリアルに従うことができます。

まず、DigitalOceanにdropletを作成する必要があります。 この目的のために、あなたは緑のボタンをクリックする必要があります”作成”その後、あなたは滴の設定を開始するには、”液滴”オプションを選択する必

このチュートリアルでは、Ubuntu18.04×64ディストリビューションを使用します。 また、「One-click apps」タブをクリックしてDockerを選択してDockerをインストールします。

構成は1GBのRAM、1コアCPU、25GBのSSDストレージ、および1TBの毎月のデータ転送であるため、最も単純なdropletは月額5ドルで、Nanoノードを実行するのに十分です。

デフォルトのオプションはSan Francisco2ですが、お住まいの地域に応じてお好みのものを選択できます。 また、設定の追加オプションとしてIpv6を選択することを忘れてはなりません。 最後に、ドロップレットの名前を選択し(またはデフォルトの名前を保持することもできます)、緑色の「作成」ボタンをクリックします。

今,私たちのドロップレットのページで,我々は我々のサーバーの管理のいくつかのオプションを持っています,そのうちの一つは、オプションです”アクセス”,それは私たちにブラウザによって私たちのサーバーの端末にアクセスする可能性を与えます. この目的のために、”アクセス”オプションを選択し、青色の”コンソールの起動”ボタンをクリックします。

ターミナルにアクセスするには、ログイン(デフォルトでは”root”です)とパスワードが必要です。 最初のログイン時に、現在のパスワードを入力し、新しいパスワードを入力して変更するように求められます。

今、私たちは私たちの滴の端末にアクセスしていることを、私たちは最終的に私たちのナノノードのインストールと同期を開始することができます! Digital Ocean以外のサーバーやパソコンでこのチュートリアルを実行している場合は、コマンドは同じにする必要があります。 (ちょうどあなたのマシンにDockerをインストールすることを忘れないでください)。

最初のコマンドでは、公式のNano dockerコンテナをインポートするので、ターミナルに次のコマンドを入力する必要があります:

sudo docker pull nanocurrency/nano

今、私たちは公式のnode Nanoコンテナを持っています、そして私たちはそれが私たちのノードの使用を開始するためにそれを有効にする必要があります。 この目的のためには、次のコマンドを入力する必要があります:

sudo docker run -d -p 7075:7075/udp -p 7075:7075 -p :7076:7076 -v ~:/root nanocurrency/nano

コンテナが現在アクティブかどうかを確認するには、次のコマンドを入力する必要があります:

docker ps

現在のコンテナの名前は”gallant_churing”で、この名前はdockerによってランダムに生成され、コンテナを参照する役割を果たします(コンテナの名前は別のものにな:

docker kill gallant_turing

ノードを更新する場合は、現在のコンテナを閉じ、コマンドを使用して公式コンテナを再度ダウンロードし、コマンドを使用してコンテナを起動します。 したがって、ノードは最新バージョンにアップグレードされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。