デトロイトカトリック教徒の歴史'マスクラットを食べる伝統:そして、はい,それ'sはまだ事

セントチャールズボロメオメンズクラブは、毎年恒例の夕食とメニューに繊細さを保持しています日付1966

ニューポート-“私は思うそれはウサギのような味がします。”

“ガーリックローストビーフに似ています。”

“鶏のような味です。”

聖の氏子 ニューポートのチャールズBorromeoはアヒル、ガチョウ、またはシカ肉について話していない。 彼らはmuskratの味を説明しています。 この生き物のための食欲は何世紀にもわたって発展してきたことが判明しました。

モンロー郡とこの水上げっ歯類との料理関係は、フランスのカトリック教徒がデトロイトから南に横断し、この地域に新しい家を設立した1780年代に始ま 広大な荒野に住んで、トラッパーやハンターは、地域のストリームや川に生息する野生動物に数えました。

それにもかかわらず、2月と3月まで続いた厳しい冬は入植者の生活を困難にした。 秋の収穫から貯蔵された食料はそれまでにしばしば枯渇し、地元の水路を覆う厚い氷は釣りを困難にした。 1800年代初頭からの歴史的な情報源は、地元住民が食糧のために細断された干し草を食べ、小麦粉を購入するための連邦資金のために政府に訴え、時には飢餓の状態にあったという事実を証明しています。

多くの場合、消費するために残された唯一の食べ物は、家畜の肉、ローミング鹿、または川岸に沿って残っている数多くのムスクラットでした。 しかし、当時の四旬節の要件は、モンロー郡のカトリックコミュニティが灰の水曜日と毎週金曜日だけでなく、四旬節の全体にわたって肉を控えることを強く奨励した。 伝統がそれを持っているように、それはSteの謙虚な牧師が19世紀のこれらの初期の年の間にありました。 デトロイト、Frのアン教区。 ガブリエル-リチャードは、四旬節の季節を通してマスクラットを消費するために、地域の住民に特別な分配のためにロビー活動を行った。 Fr. リチャードはモンロー郡のカトリック教徒の宣教師司祭を頻繁に務めており、彼らの食糧問題を直接経験していただろう。

伝統は、デトロイト聖アン牧師Frことをそれを持っています。 ガブリエル*リチャードは、1800年代初頭の間に南東ミシガン州のカトリック教徒のためのマスクラットを食べるための元の分与のためにロビー活動.
ニューポートのセントチャールズボロメオ教区は、過去53年間、月によく出席した食事をホストし、地域で最も長い実行されているマスクラットの夕食を持っています。 (パトリシア-ドルーリー/デトロイト-カトリック-ファイル写真)

このユニークな調剤は、南東ミシガン州のげっ歯類を食べる評判を固めました。 それ以来、マスクラットの夕食はダウンリバー地域とモンロー郡の両方で一般的な出来事となった。 ニューポートのセントチャールズボロメオは、スーパーボウルの日曜日の前の金曜日に過去53年間行われている地域で最も長く、継続的に実行されているマスクラットの夕食を持っています。

しかし、聖チャールズでのムスクラット夕食の歴史は過去にさらに広がっています。 1913年には、Fr. トビアス-モリンとセント チャールズの教区民は、教区の財産上の学校の建設のための資金を調達するために毎年恒例の夕食を開始しました。 わずか数年後の1919年、モンロー-イブニング-ニュースの記事によると、400人が夕食に出席し、それはげっ歯類でごちそうセント-チャールズの教会員だけではなかった。 モンロー、ワイアンドット、リバールージュの住民は、マスラットのプレートを楽しむために忠実な農村に降りました。 “おいしい”夕食は、”ベルリンの町で最高のシェフの一人、”Charles Boumiaによって準備されました。 夕食後、配偶者、友人、訪問者が夜を踊り、有名なデトロイトのビッグバンドであるストーンのオーケストラがラグタイムの曲でお祝いの気分を設定しました。

デトロイトの有名なラグタイムバンドであるストーンズ・オーケストラは、1919年の第6回セントチャールズ・マスクラット・ディナーで音楽を演奏した。 (舞台芸術におけるアフリカ系アメリカ人のE.アザリアハックリーコレクションの写真提供、デトロイト公共図書館)

20世紀初頭のある時点で、セントチャールズのマスクラットの夕食は不明瞭になり、すべて一緒に停止しました。 しかし、資金調達の懸念は再びニューポートカトリック共同体に挑戦した。 1960年代半ばまでに、セントチャールズの運動プログラムと機器は不始末と荒廃に陥っていた。 教区の学生運動選手のための資金を調達するために、セントチャールズダッズクラブのメンバーは、1966年に歴史的な夕食を復活させることに決めました。

Jimmy Brancheau、Alvie Reaume、および他の生涯の教区民は、この地域の小川と湿地での捕獲努力を主導した。 50年以上前にお父さんのクラブのメンバーであったマイク-フリントは、就任の夕食のためにマスクラットを整理して揚げるのを助けました。 フリントは、最初のいくつかは小さな事件だったと回想している。 “私たちは最初の人のためにちょうど100人の男性を持っていましたが、来年はもう少しでした”とフリントは覚えています。 “第二の夕食のためのチケットはちょうど$2人だった。”

半世紀後、セントチャールズは現在、毎年恒例の夕食に900枚以上のマスクラットを提供しています。 フリントは、げっ歯類が1967年と同じように今日準備されているという事実を証明しています。 伝統的な三日間のプロセスは、セントチャールズの教会員の次の世代に受け継がれています。

「まず水曜日に、それらをきれいにして脂肪をすべて取り除かなければならず、その後、ムスクは後脚から取り出さなければならない」とフリントは説明する。

その最初の掃除の後、齧歯類は塩漬けされ、氷の上に置かれます。 第二世代の聖チャールズ—マスクラット料理人であるバート-フレミングは、げっ歯類は木曜日の夜に一度、夕食の金曜日の朝に再び二回掃除されると述べている。 ムスクラッツは最終的にタマネギ、スパイス、セロリとparboiledし、後に鍋で揚げています。

ラリー”Pooch”Chinavareは2003年のSt.Charles muskratの夕食の間にグリルで微笑する。 (ロバート”クリケット”フレミングの礼儀)
司祭や宗教的な兄弟は、しばしば毎年2月上旬に900以上のマスクラットを提供する毎年恒例のセントチャールズ・ムスクラット・ディナーに出席します。 (写真はFr. ティムLaboe、エドワード*ピーターズの礼儀)

1990年代から、フリントはムスクラットディナーの将来について心配し始めました。 その頃、最初の夕食に出席した男性の何人かが亡くなり始めました。

「数十年後には20歳と30歳が味を好まないのではないかと心配していた。.. 誰がこれを食べるつもりだったのですか?”フリントは自分自身に尋ねた。

どうやら神は他の計画を持っていたようです。 マスクラットのディナーのチケットは今では手に入れるのが難しく、モンロー郡のカトリック教徒の若い世代がそれらのかなりの割合を買っています。 年齢に関係なく、何百人もの男性が毎年2月上旬にジムに入り、euchreのカードゲームをしたり、カップルのビールを飲んだり、歴史を楽しんだりします。 過去数年のように、夕食の参加者はセントチャールズコミュニティを助けています。 これはセントチャールズの学生アスリートの費用をカバーするために使用され、残りは他の信仰に基づく慈善活動のために使用されます。

そして考えてみると、これはすべて水陸両用げっ歯類の消費によるものです。 神はユーモアのセンスを持っている必要があります。

ジョー-ボッグスは公立高校の教師、歴史家であり、モンロー牧師伝道-教理委員会の共同委員長である。 彼にで連絡して下さい[email protected]…..

窒息ムスクラットと玉ねぎ

1ムスクラット
大さじ1プラス1½塩;味にもっと
1クォート水
½カップ小麦粉
½小さじパプリカ
三杯脂肪
三つの大きな玉ねぎ、スライス
味にコショウ
1カップサワークリーム

皮膚ときれいなマスクラット、脂肪、香り腺と白い組織を除去します。 水に大さじ1塩の塩水溶液に一晩マスクラットを浸します。 排水し、分離し、マスクラットを切る。

小麦粉、塩小さじ1杯、パプリカを袋に入れ、ムスクラット片を加え、よくコーティングされるまで振る。 重いフライパンで脂肪を溶かし、ムスクラット片を加え、茶色になるまでソテーする。 その後、タマネギを加え、塩と胡椒を振りかけ、肉の上にサワークリームを注ぎます。 カバーし、時間煮る。

このレシピは、カナダ供給サービス省の”The Northern Cookbook”に掲載され、ミシガン-カトリック新聞の2007年の記事に掲載されました。

デトロイト地域のカトリック教徒は四旬節の金曜日にムスクラットを食べることができますか?

ミシガン・カトリック新聞(デトロイト・カトリックの前身)の2007年の記事によると、それは複雑である。

その記事によると、「デトロイトの通信省の大司教区は、カトリック教徒が金曜日にマスクラットを食べるための常設の神権時代があると述べたが、元の神権時代の文書は見つからなかった。 しかし、2002年の四旬節の観察に関する大司教の文書は、断食と禁欲の法律を概説することに加えて、”四旬節の金曜日を含む禁欲の日にマスクラットの消費を許可するために、1700年代の宣教師の起源にさかのぼる長年の許可がある”と説明している。”

しかし、ランシング司教ケネス-ポビッシュによる以前のコラム(1987年に書かれた)は、”デトロイト大司教区のスポークスマンによると、”カトリック教徒が金曜日にマスクラットを食べることを許可するためのディスペンションは与えられなかった”と書いていることに異議を唱えた。”彼は1956年の”グレートInterdiocesan教義論争”と呼ばれるものに言及し、その間にマスクラットは温血動物であり、技術的には肉であると判断したが、この習慣はミシガン州の川や湿地に沿って長く保持されていたため、カノン法によって許可された”太古の習慣”であると判断した。”

いずれにしても、ビショップの齧歯類に対する個人的な嫌悪感は、彼に”マスクラットを食べることができる人は誰でも、聖人の中で最大の価値がある苦行をしていた”と有名な皮肉を言わせた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。